グローバルな「デザイナー×エンジニア×起業家人材」を育成する「IT留学シェアハウス」セブ島

メディア

英語+プログラミング×デザインに役立つ記事を更新

難しい話を、わかりやすく、誰にでも

【第1回】真似できる! シリコンバレーで学んだ事業の作り方。

事業デザインと言う言葉を使い始めたのは、今から5年前のことでした。 サンフランシスコで事業の作り方を教わって以来のことです。 私が学んだ事業の作り方は、それまで知るものと、大きく異なるものでした。 今でも、新しい事業の作

全てを効率化する。収束と発散の思考を使いこなそう。

アイディアの出し方についての話です。 素晴らしいアイディアを出す人は、何も天才だけではありません。 方法や、考え方次第で、いくらでも新しいアイディアを出すことが可能です。 ただし、闇雲にアイディアを出せば、全て成功するわ

小さく事業を始めるって何するの? プロトタイプの考え方

事業を作り始める時、まずは小さく始めるべきという話は何度かお話させて頂きました。 でも、小さくってどうするの?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。 そこで重要になってくるのが、プロトタイプです。 事業の可能性を掘り下げ

最初は小さく。事業アイディアは「2段階」進化してからが本番。

事業を作る際に「このアイディアは素晴らしい!」と閃いたとします。 ただ、ほとんどの場合、1つめの閃きは、成果をあげずに終わります。 あくまでも最初の閃きは、きっかけでしかありません。 仮説検証と改善を繰り返し、研磨してい

実現する自由を。起業を志す人が「Web開発」を習得すべき理由

事業デザインとWeb開発と聞くと、不思議に思われるかもしれません。 なぜ、事業のデザインとWeb開発を一緒に学ぶといいの?と。 そして、なぜスマートフォンで使うようなアプリではないの ?と。 今日は、どうして起業を志す人

「わかりにくさ」にヒントがある。先見性を得るための「記事」の読み方。

FacebookやTwitterの記事を見ていると、色々な記事が流れてきます。 ソーシャルネットワークを情報収集に使っている方も、多いのではないでしょうか。 意味のあるFacebookページやアカウントをフォローすること

お金持ちになっても幸せになれない。では何が幸せなの?

突然ですが、みなさん、もし今10億円持っていたら、何に使いますか? 10億円持っていたら、自分が幸せだと思いますか? よく語られる話に、お金を持っていても、幸せになれない、と言われます。 お金を持っているだけだと、満足感

起業家を育てるインフラ。アクセラレーション・マトリックス構想とは?

こうして活動していると、よく尋ねられることがあります。 WORKROOMというプロジェクトがどこに進むのか、ということです。 確かに、行先が見えなければ、どこに行くか不安、という方もいらっしゃるかもしれません。 それこそ

お金は稼ぐより使い方が難しい。奪われないために持つべき思考。

投資や運用、と言えば、最近の日本では仮想通貨が話題になっていますね。 数ヶ月前ですが、仮想通貨のイノベーションについて、ちゃんと理解できたタイミングがありました。 お恥ずかしながら、最初はマネーロンダリングや胡散臭い人達

事業化を成功させるまで。辿った道のり。

先日、ある方に、起業ってどういうものかを尋ねられました。 その時、頭に浮かんだのは、何度も叩き続けてようやく開くドアでした。 ちょっとだけ、想像してみてください。 例えば、家の一番奥にたどり着きたいとします。 一番奥にた

「何から学べば良いか分からない」を解消する「5つの習得サイクル」とは?

新しいことを始めようとする人から、よく耳にする言葉があります。 「何を勉強すればいいか分からない」という一言です。 僕は、この言葉を聞く度に、日本の教育への不満を思い起こします。 「自分で考える力」が育っていないことを、

英会話担当メンター「大西 南帆 」先生から、応援メッセージが届きました!

「たった3ヶ月で英語は話せるようになるのか?」 Hello everyone~! 英会話担当の南帆です。 タイトルの答えから述べますが、 その答えは YES です。 これまで延べ500人以上の生徒さんへレッスンを展開して

デザイン担当メンター「飯田あずみ」先生から、応援メッセージが届きました!

皆さん、こんにちは。 メンターの飯田です。 突然ですが、皆さんはどんなクリエイターになりたいですか? 私が初めてデザインを勉強し始めた時、デザイナーという役割に大きな可能性を感じ衝撃を受けました。 デザイナーという仕事は

仕事が出来る人の共通点。誰もが真似できる「僅かな」違いとは。

もう、だいぶ昔の話ですが、僕は随分、凡ミスの多い人間でした。 まだ、ウェブデザイン中心に生計を立てていた時の話です。 作ったサイトに対して修正が入った時、なぜか見逃してしまうのですね。 修正しました!と提出するのですが、

「1」聞いたら「10」理解する地頭力の作り方。

昔、仲間が口にしたある仕事が、頭に残っています。 彼は、ある先輩から、仕事を任せられました。 しかも、端から見ていても雑なお願いの仕方でした。 詳細もあまり伝えられていないように思えました。 情報が足りなすぎて、目隠しし

知識は学ぶだけだと無意味。「身に付ける」から価値がある。

おそらく「学ぶこと」について、多くの人が勘違いされていることが1つあります。 特に、実際の仕事で使う「実学」を学ぶケースに当てはまります。 学校やセミナーなどに参加し、知識を手に入れることは、皆が体験したことがあるでしょ

決断できず餓死する「ビュリダンのロバ」とは?

みなさんの目の前に、大好物が2つ置いてあったとします。 しかし、どちらか1つしか選べません。 一体、みなさんはどちらを食べることを選択するでしょうか? 「ビュリンダンのロバ」という逸話があります。 とあるロバが、右と左に

活動を始めよう!と思いつつ動けていない人が、まず捨てるべきもの。

人は、何に対しても理由をつけたがる生き物です。 仕事をする理由や、何か行動を起こす理由。 1つ物事を決定する際に、それらしい理由があることが、行動の最低条件であるかのようです。 ただ、実際は可能な限り理由を持たない方が、

世界中の問題を「事業で解決」して旅をする。romeという生き方。

以前「遊び」の延長線上で、行なっていた活動がありました。 rome(ローム)と呼んでいた遊びは、事業作りのトレーニングでありエクササイズでもあります。 romeとは英語で、あてもなく放浪するとか、ぶらつく、と言った意味を

「起業と技術」を修得したら、こんな日々が待っていた。

自分でサービスの開発が出来たらいいな、と思う起業家志望の方はたくさんいると思います。 最初から膨大な資金を持っていない限り、自在にアイディアを形にするのは、難しいものです。 今まさに、技術者の獲得で困っている方も、多いの

学んでおきたい。起業を圧倒的有利にする「5つ」のスキル。

進化速度の早い現代社会では、必要なスキルがめまぐるしく変化していきます。 時代に淘汰されないために、必要とされるスキルはなんなのか。 流れを掴み、必要なスキルを知っておくべきです。 必要とされないスキルを手に入れたところ

始まった。作るだけのエンジニア・デザイナーが安く使われる時代。

ビジネス視点で作れるデザイナーやエンジニアがいない。 これは、本当に根の深い問題だと思うのです。 今、起業を始めるとなると、エンジニアやデザイナーが欠かせません。 ただし、欠かせないのは作って終わるだけのエンジニアやクリ

デザインは起業にとって最重要。デザインの意味を見誤っていませんか?

デザインの重要性がどんどん上がっている現在、デザインに対しての理解が求められています。 起業家や経営者は独断の好き好みで自社のデザインを決めたがります。 しかし、そんなに甘いものではありません。 デザインの良し悪しで、大

振り回されるな! 起業する上で絶対にしてはいけないこと。

起業をしていく上で、手をつけてはいけないことがあります。 手をつけてはいけないというより、歩みが遅くなる、というポイントがあるんですよね。 過去の判断を「すべきではなかった」と後悔することはたくさんあります。 起業をする

旅するように学ぼう。入居についてお気軽にご相談ください!

無料相談はこちらから!