グローバルな「デザイナー×エンジニア×起業家人材」を育成する「IT留学シェアハウス」セブ島

「そろそろ落ち着け」に惑わされるな。早めに「挑戦」を続けた人が結局笑う。

writen by workroom

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の頃は「夢を持て」なんて言われることもありました。
だけど、大人になると「夢ばかり見るな」「そろそろ落ち着け」と妙な目で見られます。

子供のころから騙されてるのですから、それは社会に嘘つきが増えるでしょうね。

矛盾で出来ているような社会ですから、夢を追えという言葉も虚しく響きます。
成長するたびに、子供の頃に教わったことが「嘘」だと知る道のようなものです。

なぜこんなことになってしまったのでしょうか?

大人が知らないからです。
挑戦を成功させる方法を。
そのための道に何があって、どうクリアすればいいか。
誰も教えてくれないからです。

夢を持てと教えたのであれば、夢を叶える手段を伝えていくべきです。
そうでなければ、全体的に嘘つきです。
ところが誰もがしらないので、時間がたつほど怖くなっていくのです。

知らないものは誰もが怖いのは当たり前です。

目に見えない、明確にわからないものはもちろん怖いです。
目隠しして道を歩け、と言われたら、誰もが恐る恐る歩きます。
それ以前に、歩き出せない人もたくさんいるでしょう。

同じです。

何かを挑戦しようとした時、目隠しされていては怖いのです。
だから、挑戦することが怖いのです。
挑戦の先にあることの大きささえ、霞んでしまうほどに。

ただ。

目隠しなんて、手を伸ばせば、すぐに外せるのです。
なぜか人は、目隠しは外せるということにさえ気づきません。

挑戦すること、踏み出すことは、そんなに難しいことではありません。
いずれ、慣れたらそれが日常と化してしまう程度のものです。
本当です。
何か踏み出すことが、普通のことになっていきます。
方法を知って、道が作れるようになれば、すぐに踏み出せるようになります。

なんども挑戦する人は、その度に挑戦することが簡単になります。
新しいことを始めることに、なんの抵抗もなくなります。
そして、どうすれば挑戦を成功させられるかもわかってきます。

挑戦した分だけ、その方法がわかってくる。
だから、早く始めた方がいいのです。

やがて「短期間で成功して次の新しい挑戦をする」人生が訪れます。
踏み出すことや挑戦することにも慣れ、普通になってくるのです。

そうなった時、周りを見渡し、気づくのです。
人々が「世間の変化に対応できずに右往左往」していることに。

大抵、右往左往しているのは「落ち着け」とか「大人になれ」なんて言っていた人々。

そこで改めて思うのです。
これまで挑戦し続けていてよかったなぁと。

挑戦することが日常だった我々は、また新しい変化に対して挑戦するだけです。
変化をチャンスに変えられる術を手に入れているのです。

なのに。

なぜ人々は挑戦し続ける人へ「落ち着け」という言葉をかけるのでしょうか。
成功するまで誰もが「挑戦する人より自分の方が素晴らしい」と思っているかのようです。

今ある安定なんて、いつどんなタイミングで壊されるかもわかりません。
そして、今の社会はいつでも全てが壊れるようなもろさが潜んでいます。

なのに、なぜ?

世間の価値観で、なんとなくそうあるべきだと思っているからです。
大抵「落ち着け」と語りかける人も、なぜ落ち着いた方がいいのかわかっていません。

世間の価値観の「そうあるべきだ」という常識と社会的な風土。
疑問も抱かれず、ただただ自然なことだ、当たり前だと思われる不自然。
空気みたいにそこにあるから、疑問さえ抱けなかった考え方。
そういった「過去」の「当然」が今の社会を退化させていっているのです。

私たちがそこに付き合って、わざわざ足止めをされる理由はありません。

今や日本は裕福でもなんでもないのです。
貧困の道をたどるばかりです。
何かを変えなければいけない。
当たり前を疑わなければならない。

ところが、それさえ知る人は少ない状態ですよね。

基本的に誰もが無知です。
何も知らないから「夢ばかり見るな」と言うのです。
やり方があるとさえ知らないから、挑戦を「夢」扱いするのです。

方法を知れば誰にでもできることです。

挑戦という形はいろいろありますが、私たちは「事業」を掲げています。
事業もまた、たくさんの挑戦がそうであるように「夢」扱いされます。

ところが、多くの起業家は言います。
起業して収益を上げるのは何も特別なことではないと。

ちゃんと知っていれば誰もができることを、皆、まるで「夢」であるかのように語るのです。

誰にでもできてしまうことを、人々は単純な印象で決めつけます。
事業を作るのは難しいだとか、失敗するだとか。

そんな彼らに聞いてみてください。
どうやって「事業」を作るの?と。

答えはいつだって曖昧です。
よくわからないのですから。

事業の作り方なんて、あまり知る機会もないですし。
よくわからないことを、できないと決めつけているのです。

目玉焼きの作り方を知らない人が、目玉焼きなんて作れないというようなものです。
理由は、やけどしたら危ないなど、特に他愛もない理由。

挑戦を始めましょう。
できるだけ早めに。
そして成功も失敗も学びましょう。

どんな社会になっても生き延びられるように。
世界にどんな変化が起きても、自分の大切な人たちを守れるように。
挑戦できるうちに、なんどもがむしゃらにぶつかって、ぶつかり方を覚えましょう。

もしそれが起業というフィールドだった場合、ぜひ、WORKROOMに相談してください。
何も知らない状態で10年挑戦して身につけることを、短期間に凝縮し伝えます。
しかも世界中で使われる最先端の方法で。

みなさんの「挑戦」を一緒にクリアしていける日を、楽しみにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島へ留学をご検討の方へ

セブ島「IT留学型シェアハウス」でスキルアップしよう

英会話 × WEB × 事業デザイン

月額「3万円」で習得してみませんか?

世界で働きたい! 海外で暮らせるようになりたい!
グローバルなクリエイターを育成する「IT留学型シェアハウス」がセブ島に誕生。
世界中どこでも自在に仕事が出来るWEB制作スキル一式習得。
自在に世界で働ける自分を、掴み取ってみませんか?

詳細を覗いてみよう!

旅するように学ぼう。入居についてお気軽にご相談ください!

無料相談はこちらから!