グローバルな「デザイナー×エンジニア×起業家人材」を育成する「IT留学シェアハウス」セブ島

創造性の格差。アントレプレナーシップデバイドとは?

writen by workroom

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会には様々な格差が存在します。

中でも深刻で身近な問題としては、経済格差です。
経済状況がよくないことから、満足な教育が受けられなかったり。
社会的地位を、最初から評価されてしまったり。

中でも経済格差を産む大きな原因として、ITやデジタルに対する格差もあります。
デジタルデバイドと呼ばれ、ITを使いこなせないことで、生まれる格差です。
数多くの事象が電子化され、デジタル化された現在。
より、ITやデジタルを使いこなすことが、直接的な経済状況に繋がっています。
進化する時代についていけないがために、様々な格差が生まれるのです。

そして、今、もう1つの格差が明確になりつつあります。
創造性が作り出す「仕掛ける能力」における格差です。

近年、社会は徐々に、個が新しい仕事を生み出すことに注力し始めました。
経営者視点、起業家視点の働き方が求められはじめたのです。
既存の方法を進化させ新しい視点で仕事を生み出す力。
社内起業家と呼ばれる人々が存在するように、作り出す側の人材が欲されています。

ところが、実際に生み出す力は、今の日本では、なかなか養うことができません。
幼稚園から高校に至るまで、既存の方法に背くことをすれば、嫌な顔をされがちです。
他人と違うことをすれば、変人であると忌避されます。
物事を新しい視点から見たり、考えたりする力は養われないままです。

創造性を養える環境が不足している。

これまでの社会においては、そうでした。
基本的には誰かの作ったルールに従い、こなす者が評価される。
既存の日本における社会構造において、異質であることは悪者だったのです。

しかし、現在の社会は、変化の過程に足を踏み入れました。
より成果を出す人間は、ルールを自らより良い方向に進化させます。
新しい視点で物事を見て、良いと思うことであれば全力で取り組みます。
事業を作る側目線の、作り出す側に回る意識が重要視され始めたのです。

もし、いまだにレールを踏み越えてみることを異端視されるのであれば。
近い将来、その会社は消え去る運命にあることでしょう。

変化の途中にある現代社会。
求められている数に対して、生み出せる人材の数は、まだまだ少数です。
自分の頭で考えて答えを出せる人材自体、そう多くはありません。

世の中には、2つの人材がいることがわかります。

まず、自分の頭で考えて、仕事さえ自分の手で作り出せる人材。
そして、言われたままに与えられた仕事だけをこなす人材です。

両者の間には、圧倒的な経済格差が生まれます。

前者は次々に地位も名誉も勝ち取り、前に進み続けます。
自分が望む未来を、自分の手で自由に勝ち取っていくことができます。

一方、後者はひたすら前進も後退もしません。
しかし、社会そのものは前進するので、必然的に地位は下がり続けます。
社会にとって有用性を発揮できなくなり、ある時仕事を失います。

自分で考えて仕事を生み出せるかどうか。
多くの人が軽視するこの力は、人生の分かれ道そのものなのです。

しかし「生み出す」能力の格差は、埋めようとしても、簡単に埋まるものではありません。
育った環境や人生において、育まれた価値観にも依存するからです。

幸運にも、環境に恵まれ、挑戦の必要性に気づけたら、自然と鍛えられていくでしょう。
ところが、ひたすら用意されたレールに依存する環境で育ったら大変です。
単純な知識だけではなく、自分で生み出す力そのものの必要性に気づくこともできません。
ましてや異なる視点から物事を見ることが、忌避の対象になるのであれば。
自分で考える力は、いつまで立っても身につくことはないでしょう。

我々は、こうした創造性の格差を「アントレプレナーシップデバイド」と呼びます。

問題なのは、日本社会に現存する環境の大半が、後者だということです。
一定の平和の中、挑戦することも、環境を変化させることもなく、幸せであり続けられる。

そんな仕組みや環境の中、ルール遵守を軸とすれば、人は変化の必要性にさえ気づけません。
自分で考え、社会の変化や進化に対し、試行錯誤する能力も、養われることはないのです。
こうして、一部の自分で生み出せる人々が圧倒的地位を得て、格差は完成していきます。

幸せな家庭で育つこと自体が、格差を埋めるわけではない。

自分で仕事を作り、事業を生み出すための能力や環境の格差。
アントレプレナーシップデバイドでは、能動的人材と受動的人材にわかれます。

能動的人材は、自分で生み出す力が高い人材です。
受動的人材は、言われた作業をこなす力が高い人材です。

前者は、人生の早い段階で、変化に対して対応し続けた経験を持つ傾向にあります。
後者は、変化に対応する場面をあまり持たなかったケースが多々見られます。

幸せな家庭で育つこと自体が、格差を埋めるわけではありません。
自分の頭で考え、変化に対応した経験値によって、差が生まれるのです。
幸せで、幸福で、平穏な家庭で育ったがために、身につかなかったことも多くあります。

それは、両親や周辺環境が、どれだけ挑戦や変化に対し、理解があるかにもよるでしょう。
平穏かつレールを強いられた場合、創造的な力は養われづらくなります。
大半の日本の環境が、そうであることは否めません。

環境によって、創造する力に大きな差が生まれるのであれば、大問題です。
何かを生み出すことが、直接的な経済格差に繋がるのであれば。
自分で仕掛ける力が、そのまま人々の生活に差を生み出すのであれば。
どんな環境においても「作り出す方法」を学べる場所を提供すべきです。

誰もが、どんな状況でも、作り出す力や知識に触れ、学べる場所を作れたら。
もっと人は、多くの挑戦を形に変えていけるのではないでしょうか。

育った環境や生きた状況で、格差が生まれています。
それは今や、誰もが知る事実です。
貧困のループに落ちると、なかなか抜け出せないと言います。
その前に、自分でゼロから生み出すスキルを身につける必要があります。

世界中の誰もが、創造出来る力を持ち、起業家になれる時代を目指して。
これからも、起業家を育てることに、全身全霊をかけて邁進していきます。

【速報】月額360円で超実践的な「起業スキル」を習得!ALTEA登録開始のお知らせ!
https://workroom.biz/2018/03/29/releasepre2/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島へ留学をご検討の方へ

セブ島「IT留学型シェアハウス」でスキルアップしよう

英会話 × WEB × 事業デザイン

月額「3万円」で習得してみませんか?

世界で働きたい! 海外で暮らせるようになりたい!
グローバルなクリエイターを育成する「IT留学型シェアハウス」がセブ島に誕生。
世界中どこでも自在に仕事が出来るWEB制作スキル一式習得。
自在に世界で働ける自分を、掴み取ってみませんか?

詳細を覗いてみよう!

旅するように学ぼう。入居についてお気軽にご相談ください!

無料相談はこちらから!