グローバルな「デザイナー×エンジニア×起業家人材」を育成する「IT留学シェアハウス」セブ島

【第1回】ワンコと行けるお店を自動提案!「Fam」事業開発レポート!

writen by workroom

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WORKROOM参加者様が立ち上げた、プロジェクト第2段をご紹介いたします。
今回は、お二人一組での参加です。

さらに、可愛らしいスペシャルゲストがいらっしゃってます。
お二人の家族であるワンちゃん、アンジェちゃんです。

ものすごく可愛らしいワンちゃんなんですね。
毎回、お会いするたびに、ものすごく癒やされています。笑

と言うのも、今回のサービスは、ペットに関係する内容なんです。
ペットを飼われる方は分かると思うのですが、一緒に行けるお店選びって大変なんですよね。
そもそも、ペット可のお店自体が少ない他、条件もシビアだったりします。
でも、家に一匹で置いておくのも、なんだか寂しそうで気が引けてしまうのです。

ペットと一緒に充実した時間を過ごすために、良いお店はないだろうか。
どこか、一緒に楽しめるような場所は無いだろうか。
そんな時に、既存のグルメサイトでは、まだまだ不十分です。
条件に合うお店を探すだけで、数時間、時間が無くなったりもします。

だからこそ、スポットをすぐに探せるウェブアプリを作ろうと発案されました。
本当に痒いところに手が届き、ワンちゃんと充実した時間を過ごすために。
人間本位なだけではなく、ワンちゃんにとっても居心地がいい空間を見つけるために。
ワンちゃんとの時間を充実させるため、今回の「fam」が誕生したのでした。

まずはワンちゃん(fam)を登録。

どうやって使うのかを、説明させて頂きます。
famは通常のグルメサイトとは、大きく異なる仕様を持っています。
まず、プラットフォーム上で活躍するのが飼い主さんではなく、ワンちゃんです。
ただのグルメサイトとは違って、育成要素を取り入れました。
スポットの紹介を通じて、ワンちゃんをカリスマに育てて行くのです。

最初に、あなたのワンちゃんについて入力してください。
プロフィールを登録することで、カリスマ度が測定されるようになります。

カリスマ度とは、ワンちゃんがどれだけ人気者かを示すものです。
数字がある一定基準まで増えると、運営チームからスカウトがもらえます。
famの広告に採用されたり、記事になったり。
よりワンちゃんの魅力を多くの人に伝えることが出来ます。

カリスマ度のあげ方は、ワンちゃんと過ごして楽しかったスポットを投稿すること。
そして、スポットにたくさんの反応をもらうことです。
「いいね!」や「お気入り」に登録されると、どんどんカリスマ度があがります。
スポットを紹介し、たくさん反響を手に入れていきましょう。
すると、よりたくさんの人に、ワンちゃんの魅力を知ってもらうことが出来ます。

もちろん、インスタグラムとも連動可能です。
投稿すればするほど、インスタグラムのフォロワーも増えるでしょう。
インスタグラムとfamを連動させ、より楽しく活用していけます。

条件を入力し、アプリが自動提案。

お店を探す時は、簡単操作で30秒以内に目的のお店が提案されます。
famの特徴は「探す」のではなく「提案してもらう」こと。
まるで、友人に「良いお店知らない?」と聞くように、お店を教えてもらえます。
自分で探すのは時間がかかるし、面倒くさい。
出来れば、一番求めているお店をすぐに教えて欲しいものです。
famは、聞いたらすぐに教えてもらえるツールを目指します。

提案してもらう方法は簡単30秒。
まず、条件ページから提案条件を入力しましょう。

現在は、場所と店内orテラスのみですが、徐々に条件は増えます。
ワンちゃんと飼い主のために、一体どのような項目にすべきかは精査中です。
時期に、より精度の高い内容が、一発で見つかるようになるでしょう。
更新するボタンを押すと、確認画面が現れます。

誘導されるがまま、オススメを見るを押してください。

すると、一件ずつ、スポットが提案されます。
保存しておきたい場合は「保存」ボタン。
良いと思ったら「いいね!」を押してみましょう。
投稿者のカリスマポイントが上がります。

もし、一回目の提案で、気に入らない場合は、次へを押してください。
どんどん、新しい提案がされていきます。
自分で検索する手間が無く、条件に合ったベストなお店が提案されます。
これまで大変だったお店探しが、どんどん楽になるでしょう。

famは、より楽しく幸せにという発想から選ばれた。

アイディア出しをしていた時、2つの案がありました。
1つは、ワンちゃんの病気について、互いに助けあうアプリ。
もう1つが、ワンちゃんとの生活を楽しくするアプリ、今のfamです。
この2つが案として出た時、どちらを進めるかという話になりました。

しばらく検討していたのですが、結局スタートしたのはfamでした。
どうして病気についてのアプリではなかったのでしょうか。
ここには、プロジェクトに対する気持ちが大きく関わっていました。

事業作りを始めると、長い旅路を歩むことになります。
大変なこともある中で、何が自分を奮い立たせてくれるでしょうか。
それは、プロジェクト自体を楽しめるかどうかも1つです。

病気について扱うとなると、常に悲しい出来事に向かうことになります。
社会に貢献できる一方で、非常に辛い思いをするかもしれません。
ましてや、自分でワンちゃんを飼っているとなれば、なおさらです。

famを作り上げたお2人は「楽しい気持ちになれることがしたい」とお話してくれました。
これは、実際モチベーション維持において、非常に重要なことです。
自分が楽しい、幸せだと思って向き合えなければ、心が先に折れてしまいます。
何をすることが楽しいのか、何が最も自分のモチベーションをあげるのか。
気持ちの面も、事業を作る上で非常に重要なポイントです。
だからこそ、最終的にfamを進めることになりました。

その後、何度もユーザーにヒアリングを重ねながら、内容を作ってきました。
楽しい気持ちになれるアプリを、ということで生まれたfam。
ですが、実際に作っている間は、楽しいことばかりでもありませんでした。

ワンちゃんに特化したスポット検索サイトは、思ったほど存在していません。
必然的に、前例や参考に出来るプロダクトも少なくなります。
ましてや、提案型となると、何を基準に算出すべきか、難しい想像が必要です。

最初は「条件設定」の項目に、10近くの項目が存在しました。
しかし、ワンちゃんに特化と考えた時、本質をつく条件設定は想像以上に難解なものでした。
何度も試して追加してみながらも、どうも上手くスポットにたどり着きません。
様々試したものの、結局、まだ答えが出ていない現状です。

そこで、少し方向性を変え、最低限の設定項目に削減しました。
ユーザーのフィードバックを受けながら、導き出して行くことにしたのです。
本当に必要なものは、ユーザーと共に見つけ出していくものです。
意見に耳を傾ければ、自ずと何が必要になるのか、理解できてきます。
結果、現状の3項目に落とし込み、テストをスタートさせました。

今は、ベータ版のテストを行いながら、ユーザーにヒアリングを続けています。
遠からずfamならではの項目が見つかるでしょう。
意見に耳を傾けることで、より実用的なアイディアは生まれていきます。
迷った時こそユーザーの意見を拾い集め、改善すべきです。
思いもよらなかった発想や解決策が、誕生するかもしれません。

ユーザーに耳を傾けず、改善することを止めたら、そのサービスは絶対成長しません。
プロダクトの質をあげるということは、ひたすら顧客と向き合い、改善することです。
決して、耳を傾けることだけは、止めてはいけません。

次回は、今回のプロジェクトにおいて、印象に残ったポイントを紹介します。
これから起業を考えられている皆さん、ぜひ、参考にしてみてください。

開発中のfamは、下記から利用可能です。
まだまだ改善すべきポイントは多いですが、ぜひ、ご利用頂ければ嬉しいです。
もし、何か改善点やご要望があれば、いつでもメッセージを頂ければ幸いです。
インスタグラムも可愛い写真がたくさんなので、ぜひフォローしてみてください。

Fam開発中バージョンはこちら
https://fampet.fun/

fam開発レポート第二回はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島へ留学をご検討の方へ

セブ島「IT留学型シェアハウス」でスキルアップしよう

英会話 × WEB × 事業デザイン

月額「3万円」で習得してみませんか?

世界で働きたい! 海外で暮らせるようになりたい!
グローバルなクリエイターを育成する「IT留学型シェアハウス」がセブ島に誕生。
世界中どこでも自在に仕事が出来るWEB制作スキル一式習得。
自在に世界で働ける自分を、掴み取ってみませんか?

詳細を覗いてみよう!

旅するように学ぼう。入居についてお気軽にご相談ください!

無料相談はこちらから!