グローバルな「デザイナー×エンジニア×起業家人材」を育成する「IT留学シェアハウス」セブ島

【第1回】AIがお出かけプランを作る!「Leap」開発レポート!

writen by workroom

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WORKROOM本格的スタートから5ヶ月が経過しました。
ここで、参加者さんが作り出している事業について、レポートを公開していきます。
参加をご検討されている方は、ぜひ一度、目を通して見てくださいね。

まず、プロダクトのご紹介からさせて頂きます。

Leapは「お出かけプラン作ってくれる」ウェブアプリです。
条件を設定しておくと、条件に合わせてプランを提案してくれます。

  • お出かけプランを考えるのが面倒な人
  • いつもと違うプランで遊びたい人

主に、この4つのタイプの方が、ターゲットです。
用途としては、たくさん考えられます。

  • 接待で誰かを案内する必要があるけど、プラン考えるのが面倒。
  • いつもと違うデートプランを体験したい。
  • 友達が遊びに来るけど、どこか案内する必要がある。
  • 暇なので1人でぶらぶら遊びに行きたい。

β版はエリアを絞り、銀座、恵比寿、表参道付近に設定しています。
最初は、管理やデータ量の面から、エリアを絞って投稿しました。
後々は、全国、そして世界に展開していきます。

場所のデータは、食事、体験、2つのカテゴリに分類されます。
現状、お出かけに必須とも呼べる、上記2つから、組み合わせで提案されます。

なお、データは一般ユーザーも投稿や編集が可能です。
飲食や体験のウィキペディアをイメージして頂ければ分かりやすいかもしれません。

共同で編集することで、情報の正確性が保たれるのでは、という仮説です。
画像は、自分で撮影したものと、インスタの埋め込み、2つを使えます。

ちなみに提案中心ということで、レコメンド機能を作り込みました。
例えば「おしゃれでキラキラ」という条件を選ぶと、それっぽいところを自動で提案します。
また、提案データの反応を収集することで、提案内容は自動で調整されます。
今っぽいレコメンド機能ですね。

現在の状況は?

現在の状況は、クローズドでテストを重ねているところです。
致命的なバグが存在しないか、UIがわかりづらくないか。
何度も仮説検証を重ねて、クオリティを高めています。

もし現段階でも使ってみたい!という方がいましたら、ぜひご参加ください。
WORKROOMのLINE@ > ホームにてテストURLが投稿されております。

LINE@登録はこちらから
https://line.me/R/ti/p/%40yzk7098u

まだ、コンテンツの精査などありますが、大まかには使えます。
現状ではバグなどある可能性もありますので、見つけたら教えて頂ければ助かります。
ご連絡は、LINE@のメッセージからお送り頂けます。
みなさんも、ぜひ仮説検証の過程を、体験してみてください。

公に公開とするタイミングは、3月中を予定しています。
お出かけプランを教えて欲しい方、いつもと違ったプランを楽しみたい方。
ぜひ、Leapを活用し、お出かけ体験をよりよく変化させてみてください。
きっと、ワクワクするような場所や体験に出会えることでしょう。

どういう流れで、Leapが作られたのか。

最初、参加者様に、いくつか問題を見つけて来て頂きました。
複数の問題意識について掘り下げ、1つに絞ったのが、Leapです。

  • お出かけプランを作るのは面倒だけど、上手く提案してもらえるサービスがない。
  • あったとしてもメディアで、なかなか魅力的に感じない。
  • 選ぶのさえ面倒だから、提案してもらいたい。

最初は、こうした動機からスタートしました。
しかし、同時にプランを作ることが楽しい人がいることも事実です。
そういった人にも楽しんでもらうには、どうすべきかを模索し始めました。

ニーズを掘り下げるため、資料を使いながらヒアリングも同時に重ねていきます。
結果、自分のレパートリーにない新しい体験であれば楽しいことが分かりました。

上記の結果を考えると、コンテンツの質が重要視されることは最低条件です。
しかし、限られたリソースで、質も量も担保できるものではありません。
最初はいずれかに絞る必要があります。

結果、ある程度の質を担保しながら、数重視でコンテンツを集めていきました。
質にこだわりすぎると、今度は実現が遥かに遅くなってしまうからです。
お出かけプランを作るという性質上、提案される数が少なければ、プロダクト自体機能しません。
必然的に、初期のターゲットも「プランを作るのが面倒」な層に絞られます。

また、最初から全国で展開すると、データ量が集められないため、地域を限定します。
選んだのはデートでも接待でも使いやすい、表参道、銀座、恵比寿に絞りました。

以降、コンテンツ集めと開発を、同時進行で行いました。

さらに、Facebookページを開設し、集客を開始。
3月7日時点では、248名を獲得しました。

もし興味があれば、下記から情報を確認してみてくださいね。
https://www.facebook.com/Leapjapan/

以降は、集客、コンテンツ集め、そして開発の継続です。
仮説検証とテスト、フィードバックを重ね、徐々に質をあげていきました。
そして、今の段階にたどり着いたのです。

全体的な枠組みはできたので、あとは、より質をあげていくだけです。
ソーシャルネットワークとリアルのインタビューを使い、ニーズの有無も確認済みです。
あとは、大量のフィードバックと適切な改善を続けていきます。

細かい流れを省くと、上記のような流れとなります。

ただ、こうしてまとめた中にも、たくさんの葛藤がありました。
今までの過程を振り返ると、一言で全て伝えられるものでもありません。
次回、leapプロジェクトで印象に残った事例について、深掘りしていきます。
みなさんが踏み込む挑戦の、参考にしてみてくださいね。

Leap開発レポート第二回はこちらからお読みください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島へ留学をご検討の方へ

セブ島「IT留学型シェアハウス」でスキルアップしよう

英会話 × WEB × 事業デザイン

月額「3万円」で習得してみませんか?

世界で働きたい! 海外で暮らせるようになりたい!
グローバルなクリエイターを育成する「IT留学型シェアハウス」がセブ島に誕生。
世界中どこでも自在に仕事が出来るWEB制作スキル一式習得。
自在に世界で働ける自分を、掴み取ってみませんか?

詳細を覗いてみよう!

旅するように学ぼう。入居についてお気軽にご相談ください!

無料相談はこちらから!