グローバルな「デザイナー×エンジニア×起業家人材」を育成する「IT留学シェアハウス」セブ島

意外と契約にルーズな起業界隈。口約束はありえないと考えよう。

writen by workroom

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく、耳にする失敗談として、契約の話があげられます。
「いい感じの兄貴」がお金を出資してくれることになり、お金を投資してもらったという話。
何かよくわからない足長おじさんのような人が現れ、お金を振り込んでくれる。
これって、夢のような話に思えて、案外多いのです。
僕が耳にしただけで、もはや5回くらいはあります。
ということは、実際、日常的にこういった事例が行われているのでしょう。

ただ、その時に「契約書は結んだの?」と聞くと、結んでないというのです。
これはまずい、と思い、契約を取りまとめることにしました。
結果的に、その時は事なきを得たのですが、これは危険です。
何も契約をまとめて無いということは、後で何を言われてもどうにもできません。

出資と借金は全く別物。

実際、すでにトラブルになった後、というケースもあります。
その方は、ある人に「出資」と言われて数百万円もらったら、実は借金だったというケースです。
出資されることと借金することは明確に異なります。
基本的に出資は単純に「お金を出す役」と「実行する役」が別れるだけで、返すも何もありません。
出資を受ける場合というのは、株式のやりとりはありますが、基本的にお金を返すことはありません。
投資家も、自らの挑戦としてリスクを負って挑戦することになります。

これを、ただの口約束でお金をもらってしまったら、どうなるでしょう。
もはや借金なのか何なのかも、もはやわかりません。
相手が返してと言った瞬間に、トラブルまっしぐらです。
本当に相手が出資と言ったのかどうかも、あやふやにされてしまうでしょう。

その方は、結果的に自己破産してしまったようですが、本来、しなくて良かったかもしれません。
最初の段階で契約を結び、出資なのか借金なのか判断できていれば、免れたトラブルでした。

こんな事例を話すと「起業家が愚かだっただけだ」と思う方が大半でしょう。
ところが、案外、こういったトラブルが多いのです。
きちんと契約書を確認し作れば、避けられたかもしれません。

契約が不明瞭でトラブルが起こることも。

アメリカで仕事をした時、こんな経験をしました。
ウェブサイトの開発で携わったのですが、当時の僕は、口約束で開発をスタートさせました。
日本だと、個人の間であれば、案外口約束で開発を初めてしまうことが多々あります。
もちろん見積もりを出して、最初にここの範囲はやります、というように認識を合わせた「つもり」でした。

ところがです。

いざ開発が始まってみると、延々と終わらないのです。
契約上、不明確だった部分を次々と指摘され、これもやってもらうとタスクを追加するわけですね。
できない部分とできる部分を明確にしないと、一生終わらないことになってしまいます。
その時は、なんとか話をつけて途中でどこまでと決めることが出来ました。
しかし、もし相手が欲の深い人だったら、どこまでやらされていたか分かりません。

他にも、投資家とのトラブルで、いよいよ売却となった時に契約の不明瞭な部分をつかれるケースもあります。
最初の書類で全て決められていなかった点を細かくつき、裁判が1年も続くトラブルもありました。
こうした契約の不備やトラブルは、確かに事業を行っていると、どうしても遭遇します。
しかし、そういったトラブルをなるべく少なくすることは、努力次第で可能だったはずなのです。

口約束はもっての他。

このように、契約上の不備でトラブルになるケースはいくらでもあります。
ましてや口約束などもってのほかです。
後でどのようなトラブルになったとしても、口約束で始めた方が悪いとしか言えません。
どれだけ相手が信頼感をおける人だったとしてもです。
その契約が元になって開始が長引くよりも、後からトラブルになるよりはマシです。
絶対に口約束を元に、仕事や事業を進めてはいけません。

ところが、案外こうした口約束系トラブルが、後をたたないのが現状です。
特に、日本は商習慣的に「人情」等で契約が行われるケースが多くあります。
人情も、いざとなったらただの愚かな行為になりさがってしまいます。
事業を初めて間も無い人は、特にこういったトラブルに巻き込まれがちです。
経験が無いからこそ、注意を払って進めていかなければなりません。

もし、口約束で何か進めようとしている方がいたら、一旦足を止めましょう。
詳しい人に相談するか、なるべく知識を調べた上で先に進みましょう。
迂闊に前に進んでしまったら、大変なことになるかもしれません。
トラブルになっても、愚かだったと言われるだけで、助けもあまり期待できません。
しっかりと口約束ではなく、契約を交わしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島へ留学をご検討の方へ

セブ島「IT留学型シェアハウス」でスキルアップしよう

英会話 × WEB × 事業デザイン

月額「3万円」で習得してみませんか?

世界で働きたい! 海外で暮らせるようになりたい!
グローバルなクリエイターを育成する「IT留学型シェアハウス」がセブ島に誕生。
世界中どこでも自在に仕事が出来るWEB制作スキル一式習得。
自在に世界で働ける自分を、掴み取ってみませんか?

詳細を覗いてみよう!

旅するように学ぼう。入居についてお気軽にご相談ください!

無料相談はこちらから!