グローバルな「デザイナー×エンジニア×起業家人材」を育成する「IT留学シェアハウス」セブ島

ウェブアプリとネイティブアプリって? その違いとは?

writen by workroom

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、アプリは使っていらっしゃいますか?
なんて、聞くまでもなく、スマートフォンを通じてアプリは世界中で使われているわけですけれども。
実は一言にアプリと言っても、大きく分けて2種類のアプリがあります。
この違いを認識しておかないと、大きな勘違いが起きてしまうかもしれません。
特に、仕事上でトラブルになってしまったりしては問題です。
今日は、2種類のアプリについて、解説していきます。

ネイティブアプリ

まず、みなさんがおそらく日常的に使っているであろうアプリが、ネイティブアプリです。
iTunes StoreやGoogle Playなどからダウンロードして使うアプリですね。
スマートフォンのアイコンをクリックすると、起動するタイプです。
こうした形のアプリをネイティブアプリと呼びます。

ネイティブアプリは、スマートフォン本体の仕組みを使って機能します。
インターネットがなくても動かすことも可能です。
開発言語はAndroidであればJava、iPhoneであればSwiftがメインとなります。
アプリに対する開発言語は、日々、新しいものが加えられています。
例えば、Androidは先日、Kotlinという言語を新しく開発言語に追加することになりました。
また、ウェブサイト制作者にもおなじみのReact.jsでもアプリが作れるとか。
開発者さんは(僕含め)ついていくのが、なかなか大変ですね。

ご自身で開発するつもりが無ければ、言語に関しては、さらっと知っておくくらいで良いです。
しかし、全く知らないというのはNGです。
アプリでサービスをしかけるのであれば、言語の概要くらいは理解しておきましょう。
何ができて何ができないか含め、エンジニアさんとコミュニケーションが取りづらくなります。
必ずプログラミング言語の基礎知識くらいは学ぶようにしましょう。
今では、小学校でさプログラミングについての知識を学ぶくらいですし。

ウェブアプリ

そして、もう1つのアプリがウェブアプリです。
WORKROOMが作れるアプリはウェブアプリを対象としています。
ウェブアプリはブラウザと呼ばれる、インターネットを閲覧するツール上で動作します。
safari、firefox、chrome、edge、ひと昔前であればinternet explorerなどがブラウザです。
みなさんがインターネットを閲覧するときに使うアプリですね。

ウェブアプリはネイティブアプリとまったく異なる言語を使います。
HTML5、CSS3、Javascript、PHPなどがウェブアプリを作るために必要な言語になります。
ウェブアプリの良い点は、ブラウザさえあればどのブラウザでも同じように動きます。
昔は環境に依存したこともありましたが、今はほとんどなくなりました。
なので、androidだろうがiPhoneだろうが、同じ言語で機能します。

ただし、インターネット環境が無ければ基本使えません。
また、ウェブサイト同様にURLが必要ですので、ブックマークしておく必要があります。
現状、ネイティブアプリより動作が遅いという点もあります。
ただし、速度や反応の問題は、時期に解決されていくものと考えられます。
Googleがブラウザでの表示や反応をより高速にする研究も行っていますしね。
いずれ、ネイティブアプリとウェブアプリの機能に差はそれほどなくなるかと思います。

どちらで作るべきか

現状、WORKROOMではウェブアプリ開発技術にのみ対応します。
もしネイティブアプリが作りたいときは、資金調達を実施し、エンジニアを雇います。
まずウェブアプリを高速で開発し、実際にユーザーに実験してもらい、反応をみます。
サービスとして成り立ちそうな場合は、ネイティブアプリのエンジニアを巻き込みます。
こうした過程を得て、リスクを最小限にしながらサービスを広めていくわけですね。

ただ、少しだけ未来予想的な話をすると、将来的に需要はウェブアプリに移るのではという気がしています。
移るまではいかなくてもネイティブアプリとウェブアプリの差があまりなくなるのではないでしょうか。
なぜなら、先ほども言った通り、ウェブアプリの高速化は常に行われています。
もし互いの機能に対して差がなくなった時、一体どんな世界になるでしょうか?

人は、歴史的にオープンな環境を望みます。

ウェブという開かれた場で、誰もがアプリをシェアし、使えるようになるなら。
ウェブアプリが大量にウェブ上に溢れ、誰でも検索をかければすぐ使えるのであれば。
おそらくウェブアプリを紹介するサイトが優位にたち始めます。
なぜなら、現在のiTunes StoreやGoogle Playのような役割を果たすようになるからです。

ネイティブアプリの良い点は、管理されることによって、ある程度クオリティが担保されることです。
それを、ウェブアプリのまとめサイトが同様の役目を果たすことで、ウェブアプリでも質を保てます。
こういった未来も1つ、考えられるのではと予想しています。

まあ、そもそもプラットフォームそのものが、PC、MacからVRに移行する可能性も大いにありますけどね。
そうなった場合はまた、新しいアプリの形も出てくるのでしょうね。
予想は予想でしかないので、参考になる未来の1つとして、頭の片隅に入れておくとよいかもです。

少し話がずれましたが、なんとなくネイティブアプリとウェブアプリの違いをご理解いただけましたでしょうか。
こうした技術を交えた内容も、これから分かりやすくご説明していけたらと思います。
ITやウェブを使っていくのであれば、その概要は理解しておく必要がありますからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島へ留学をご検討の方へ

セブ島「IT留学型シェアハウス」でスキルアップしよう

英会話 × WEB × 事業デザイン

月額「3万円」で習得してみませんか?

世界で働きたい! 海外で暮らせるようになりたい!
グローバルなクリエイターを育成する「IT留学型シェアハウス」がセブ島に誕生。
世界中どこでも自在に仕事が出来るWEB制作スキル一式習得。
自在に世界で働ける自分を、掴み取ってみませんか?

詳細を覗いてみよう!

旅するように学ぼう。入居についてお気軽にご相談ください!

無料相談はこちらから!