グローバルな「デザイナー×エンジニア×起業家人材」を育成する「IT留学シェアハウス」セブ島

メディア

英語+プログラミング×デザインに役立つ記事を更新

難しい話を、わかりやすく、誰にでも

新しい留学の形! シェアハウス留学とは?

WORKROOMは「世界初」のシェアハウス留学です。 では、そもそもシェアハウス留学とは何を意味するのでしょう。 ことの始まりは、僕たちがシリコンバレーに行った時でした。 シリコンバレーは、世界のビジネスやIT、そしてデ

セブ島だと遊んじゃうから習得できない? いいえ、習得出来るんです。

セブ島IT留学には興味あるけれど、誘惑が多くて遊んじゃいそう。 海も近くビーチも近いし、誘惑が多くなっちゃうんじゃ? そんな意見を、ちらほら耳にすることがあります。 そう考えるのは当然だと思います。 外から見れば、リゾー

IT留学型シェアハウスWORKROOMは、こんな方にオススメ!

IT留学型シェアハウスWORKROOMにご興味をお持ち頂き、ありがとうございます! WORKROOMは「自己学習」「独学」をサポートするという概念から生まれたシェアハウスです。 環境やコミュニティ、サポートアプリを通じて

IT留学シェアハウスは「何度でも失敗できる」場所になる

WORKROOMのすいです。こんにちは。 先日、とある起業家さんとエンジニアさんが、面白い議論をしていました。 テーマは「人が成長するためには何が必要か」ということです。 この場合、成長とは「なりたい自分になれること」で

IT留学だから出来る!最速で「英会話」を習得する方法。

IT留学と聞くと「英語習得ってどうなんだろう?」と思う方はいらっしゃるでしょう。 英会話を習得するには、英会話留学が良いのではないか、と感じるのではないでしょうか。 しかし、実際、そうでもないのです。 むしろIT留学の方

「教わらない留学」IT留学型シェアハウス5つのメリット

セブ島を起点としたIT留学は、大体6年ほど前から盛り上がっている流れです。 同時に「本当に意味あるの?」「日本で学んだ方がいいよね?」議論もあります。 セブ島にITが優れているイメージってありませんし、仕方ないと思います

旅するように学ぼう。僕らが「旅と学び」を重視する理由。

旅、というのは今後の社会にとって大きなテーマです。 そして、僕たちWORKROOMにとってもテーマとなっています。 自由自在に、フットワーク軽く、たくさんの国や文化を飛び回る。 たくさんの人に会い、考え方を共有し、数多く

IT留学型シェアハウスを「セブ島」に作る5つの理由!

以前、セブ島にいたころ「ITってセブ島でやる意味ある?」って思ってました。 そもそもプログラミングは日本でも出来るし、むしろ日本の方がいい。 インターネット環境も日本の方が早いし、プロフェッショナルも多い。 普通に考えれ

教育を変える! IT留学型シェアハウスWORKROOMって何?

教育の現場は今、明らかに「教える場」から「習得を加速させる環境を作る場」に変化しています。 単純に、知識やスキルを教える場所では無くなりつつあるのです。 もう「生身でスキル習得しに行く必要は無いのでは」と考えている人も多

Slush Tokyo にTeamKitさんが参加されまして、現地の様子をご紹介。

人とプロジェクトとの新しい関わり方をデザインする、TeamKitさん。 関連プロジェクトで、色々とご協力頂いております。 先日行われたSlushに参加されたそうで、写真を頂きました。 非常に興味深いイベントでもあり、ご紹

創造性の格差。アントレプレナーシップデバイドとは?

社会には様々な格差が存在します。 中でも深刻で身近な問題としては、経済格差です。 経済状況がよくないことから、満足な教育が受けられなかったり。 社会的地位を、最初から評価されてしまったり。 中でも経済格差を産む大きな原因

目標達成する人の「挑戦の仕方」とは?

起業・複業をするには、必ず挑戦という言葉がついて回る。 これまで、誰かに守られながら仕事をしていた状態から、自分の身1つで生き抜いていく状態に移行する。 成功パターンや経験なんてものはすぐに塗り替えられ、日々、試行錯誤の

なぜ「方法を知っている」のに結果が出ない? 結果を出せる知識の使い方

知識は学ぶだけでは意味が無いというが、起業や新規事業の立ち上げについては、特に無意味だ。 よく「こんなこと知っている」と博識を披露する人がいる。 だが、そこに本人の実感が伴っていなければ、本当の意味で知っているとは言わな

あなたの価値を低くする。起業するならNGな言葉とは?

事業を作るときに、多くの人が間違ってしまうことが1つある。 根本的なマインドとしての欠点になるので、しっかりと認識しておこう。 起業する際に、自分の価値を下げる言葉がある。 実績を出した人に言うと「残念がられる」言葉であ

自分のやり方を見つけよう。新規事業で「上手くいく方法」の見つけ方。

起業や新規事業の成功には、いくつもの成功の仕方が存在する。 ビジネスモデルというよりも、自分がどういった流れで成功していくかだ。 確かに、フレームワーク的な型や事例はあるが、人には向き不向きが存在する。 誰かがある事例を

あのサービスも複業だった! サイドプロジェクトが成功を作る複業時代。

事業を始めるとなると、会社を辞め、独立してやらなければ上手くいかない、というような先入観がある。 だが、世の中のサービスを見てみると、案外、複業から生まれたサービスが多いことに気づく。今、世界中で使われているサービスでさ

起業前に就職するなら? 雇われ時代に習得すべき「4つ」の分野。

起業前に「企業に入って学びたいんですがどうでしょう」という相談を、度々受ける。 問いかけに対する答えは、いくつかある。 大抵、皆が口を揃えて「企業で働くことと自分でやることは全く別」と話をするが、私はそうは思わない。 一

真似だけでは不十分? 新規事業・起業を成功させる「成功例」の活用法!

何か自分で新規事業・起業を始めたいと考える時、誰かの真似をしようと考える。 成功者や成功例の真似をして、自分も同じようにすれば成功できるのではないかと思い込む。 何より、よりたくさんの人が真似をしろと話をするし、実際に真

才能なんて超えてやれ! 環境による「起業力の格差」は埋めるには。

前回、起業には環境による格差があることをお話しました。 育った環境や運によって、学べる起業の形があまりにも違いすぎるのです。 例えばAさんは「世界を変えるプロダクト」を10代から作り出すことを起業としています。 ちなみに

なぜ、あの人は上手く行くのか。環境が作る「起業力格差」とは?

お金持ちの子供はお金持ちになる、とよく言われます。 人は、環境によって、大きく未来を左右される生き物です。 もちろん、起業体験や知識にも格差はあります。 起業とは?と質問されて、みなさんはどう答えるでしょうか。 想像以上

【第5回】真似できる! シリコンバレーで学んだ事業の作り方。

第4回の投稿はこちらからご覧頂けます。 連載、最後の回となりました。 今回は、いよいよテストのフェーズに入って来ます。 プロトタイプまで終わると、時間的には17時になっていました。 と言っても、まだスタートしてから1時間

【第4回】真似できる! シリコンバレーで学んだ事業の作り方。

第3回の投稿はこちらからご覧頂けます。 前回までの内容で、皆さんもアイディアを生み出せたでしょうか? ぜひ、一緒に自分でも、挑戦してみてくださいね。 アイディアが固まってきたら、いよいよプロトタイプを作ります。 ただし、

【第3回】真似できる! シリコンバレーで学んだ事業の作り方。

第2回の投稿はこちらからご覧いただけます。 第1回、第2回とわけて進んできました。 ここまでの過程は、文章にすると長くもありますが、実は数分の出来事です。 最初のインタビューが8分、問題提起が8分ですので、30分も経過し

【第2回】真似できる! シリコンバレーで学んだ事業の作り方。

第一回はこちらからお読み下さい。 前回お話した「共感」は、事業を作る上で最も大切なことです。 ユーザーの気持ちにが理解できてこそ、はじめて問題が生々しく見えてきます。 もし、相手の気持ちが分からない時は、何度でもインタビ

旅するように学ぼう。入居についてお気軽にご相談ください!

無料相談はこちらから!